第145定期配信 2015.7.18

  『ドイツ自由主義経済学の生誕―レプケと第三の道-』のPoint!
  1)自由な経済システムを基礎にしてはじめてヒューマンな市場経済ができあがる。
  2)人間一人ひとりは、七年戦争後の小都市ワイマールのような、様々な社会
     や経済と触れ合うなかで、豊かで人間らしい生活を送ることができる。
  3)レプケ(1899-1966)と同じように世界の激変期を生きた平生釟三郎(1866-1945.11)
     は、新たな社会のあり方として、共益の思想を共有していたと思われる。(※)
  ※) 「契約は絶対に守られる」というお互いの信頼関係の成立が可能という信念。 続きを読む

中島俊郎教授のオックスフォード古書修行①:オークションの光と影

中島俊郎教授のオックスフォード古書修行①:オークションの光と影 ゲスト:中島俊郎甲南大学文学部英語英米文学科教授 キャスター:森田、野本、久保 第1章「いざ出陣━━挿絵本は不滅なり」を中心として オークションの歴史、ウォ … 続きを読む

「平生日記シリーズ」レプケが描いた新しい自由主義

特集「平生日記シリーズ」レプケが描いた新しい自由主義
キャスター: 森田・野本
ゲスト:藤本 建夫さん(甲南大学経済学部名誉教授)
 ★ マーケット(市場のあり方)
  ケインズ vs ハイエク・レプケ(政府が介入しないと暴走vs自動調整)
 ★ 「総体としての社会」への影響(共同善≒共同善?)
  ケインズ・レプケvsハイエク(強調的労使関係の重視vsレッセフェール)
 ★ 日本の現状(社会経済的に2極分解しているか?
  日本の現状は、政府当局によって、これまでジニ係数で測定されてきた。
 それをどう評価するのか。その中で労働者派遣法改正案が国会で通りそうな情勢に
 なっている。
 私たちの生活をどうして行きたいのか。考えてみましょう。 続きを読む